基金概要

グルー・バンクロフト基金の目指すもの

  • Edgar A. Bancroft 大使
  • Joseph C. Grew 大使
  • 樺山愛輔 氏

■国際共存への貢献

日米関係は、今日の国際社会の中で極めて重要な2国間関係です。かつては、両国の利害が激しく対立して戦争に突入した不幸な時期がありました。しかしその後、日米両国政府をはじめ多くの個人の努力により、確固たる信頼関係を結ぶにいたりました。こうした関係を築くために不可欠な要素は、異文化間の壁を越えて生まれる個人と個人との相互理解です。

過去約60年にわたり、基金から支援を受けた留学生たちは、アメリカでの4年間の大学生活を通じて人間力を養い、グローバルな視野をもって高い目標にチャレンジする精神を育ててきました。卒業生の多くは、官界、学界、実業界、国際機関、メディアなどの分野で広く活躍し、日米両国間の信頼構築のため、ひいては国際共存のために貢献してきました。

最近の国際情勢は激しく変動し、科学技術は驚異的な進歩を遂げ、社会のしくみも大きく変化しつつあります。このような状況にあっても、基金が目指してきた公益(Public good)への貢献を重視する優れた指導者の育成事業はますます重要になってきています。

■基金のあゆみ

グルー基金が生まれたのは戦後間もない頃でした。親日家で在任期間が10年と長かったジョゼフ・グルー大使は、1932年就任以来、日米開戦を回避しようと尽力し、最後まで日本政府と交渉を続けました。帰国後、グルー大使は在日中に書いていた日記をもとに「滞日十年」という本を著しました。1948年には日本語版が毎日新聞社より出版され、多くの人々の関心を集め愛読されました。
グルー大使は、この著作の印税をぜひとも日米相互理解のために使いたいと考え、滞日中からの知己で、信頼を寄せていた日米協会会長の樺山愛輔に相談を持ちかけました。若き日にアメリカのリベラルアーツの名門であるアマースト・カレッジに学んだ樺山は、グルー基金と名づけた奨学金制度を設立し、日本の若者にリベラルアーツ教育を受けさせることを提案します。

グルー大使から基金設立のために約400万円の寄付を受けた樺山は、日銀総裁だった一万田尚登に会長を依頼して後援会を1950年12月に設立し、寄付金集めに奔走します。そして吉田茂総理大臣、石川一郎経団連会長など政財界の賛同を得て、当時の金額で6,800万円もの寄付を集めたのです。趣旨に賛同された昭和天皇からは、ご下賜金を賜りました。
1953年8月、高校を卒業したばかりの4人の日本人学生が、第1回グルー基金奨学生として、アメリカのリベラルアーツ・カレッジに留学したのです。以後、グルー基金は毎年奨学生をアメリカに送り出しています。

一方、バンクロフト基金は1924年~25年に駐日大使として在任したエドガー・バンクロフトの遺産を原資としており、1929年より数年間に一度、奨学生をアメリカに送りだしてきました。2006年にグルー基金がバンクロフト基金の財産と奨学金制度を引き継ぎ、名前を「財団法人グルー・バンクロフト基金」と改めて現在に至っています。(2012年より公益財団法人)
2014年4月のオバマ米大統領の訪日の際に発表された日米共同声明で、グルー・バンクロフト基金奨学金は日米の人的交流に不可欠な非政府プログラムの一つとして固有名詞で触れられました。

■アメリカの大学に4年間留学するメリット

  1. 高水準の基礎知識の学習:最初の2年間はあらゆる分野の課目を履修することが求められ、予習の量など日本の大学をはるかに超える学習を行ないます。また討論主体の授業によってより深い学習が求められます。
  2. 高水準の英語力の取得:読解力、討論力、そして作文に関して徹底的に訓練を受けます。
  3. 文化的多様性への理解と評価:学内における人種・宗教・文化・社会的な多様性は世界一です。

■リベラルアーツカレッジにこだわる理由

  1. 学生の指導や教育熱心な教授が少人数のクラスを直接担当します
  2. 教授との緊密な人間関係が生まれ、教授の研究プロジェクトへの参加、大学院進学の際に懇切丁寧な推薦状などの支援を受けられます
  3. リーダーシップを習得できる機会が多くあります。
  4. 寮生活によって世界各国の学生と共同生活を体験できます。世界一多様性に富んだ環境の中で生じる人間関係に直面し、解決する経験は社会 人として大きな自信に繋がります。そして何よりも、生涯の親友が出来ます。
  5. 専攻分野の取得科目数が限定されることもありますが、教授がアドバイザーとして、4年間の履修科目について丁寧に指導してくれます。また一 部のリベラルアーツカレッジではコンソーシアムといって近郊の大学と提携して、単位の互換性を試みています。
    4年生大学は約2,600校ある中で、リベラルアーツカレッジは約200数校。グルー・バンクロフト基金では、その中でも評価の高い、学生数が2,000人程度で学生寮が完備した大学を強く推薦してきました。例えばこうした大学です。

    Amherst, Bates, Beloit, Bowdoin, BrynMawr, Carleton, Colby, Colorado, Denison, DePauw, Earlham, Grinnell, Hamilton, Haverford, Kenyon, Knox, Lake Forest , Macalester, Monmouth, Mount Holyoke, Middlebury, Oberlin, Pitzer, Pomona, Reed, Scripps, Smith, Swarthmore, Vassar, Wesleyan, Wellesley, Williams, Woosterなど40校です。
    (なお、下線の5校とは基金との間で学費免除あるいは半額免除の推薦枠があります)

■在学生・卒業生への支援

グルー・バンクロフト基金では、在学生・卒業生との交流にも力を入れています。4年間の留学体験は貴重な体験ですが、それだけに前例が少なく、進路を決める際に情報が不足がちになります。100名を超える卒業生が後輩にアドバイスを提供しています。具体的には以下のような活動を行っています。

  1. 在学中に定期的に基金の関係者が大学を訪問し、先生・アドバイザーと面談
  2. 年数回の交流会(東京、ボストン他)
  3. ゲストスピーカーイベントの開催
  4. インターンシップ・就職情報の提供

奨学金の支給だけでなく、後輩に対して情報・支援を行うのが基金の伝統です。そして、後輩の皆さんが国内・海外において社会に貢献する、優れた指導者に成長することを期待しております。

卒業後の進路

1997〜2016年卒業生70名のデータです。

歴代卒業生の所属先

教育・研究機関
慶応義塾大学 / 立教大学 / 東海大学 / 同志社大学 / 首都大学東京 / 国際基督教大学 / 桐蔭横浜大学 / 前橋工科大学 / 京都大学 / 東北大学 / 大阪大学 / 筑波大学 / 広島大学 / 国際連合大学 / 電気通信大学 / 北海道大学 / 上智大学 / 名古屋大学 / 東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 / 神戸大学 / 沖縄化学技術大学院大学 / 愛媛大学 / サイバーユニバーシテイ / TCK Workshops / Harvard Univ. / Brown Univ. / Univ. of Cincinnati / Tulane Univ. / Northwestern Univ. / Salt Lake community College / St. Norbert College / Purdue Univ. / Rutgers Univ. / York Univ. / Chapin School
金融
野村証券 / SMBC日興証券 / みずほ証券 / 国際協力銀行 / マネックス証券 / ゴールドマン・サックス / バンクオブアメリカ・メリルリンチ / シュローダー・インベストメント・マネジメント / モルガン・スタンレーMUFG証券 / ミレニアム・パートナーズ / バークレイズ証券 / UBS証券 / キャピタル・グループ / フイデリテイー証券 / シテイーバンク / S&P / アフラック / アメリカン・エキスプレス
コンサルテイング
マッキンゼー・アンド・カンパニー / ボストンコンサルテインググループ / デロイトトーマツコンサルテイング / ZSアソシエーツ / PwCコンサルテイング / Oliver Wyman
メディア
NHK / 共同通信 / 日本経済新聞社 / ブルームバーグ / BBC / AP通信
IT
SAP/ワークスアプリケーションズ / Guidance Software / NTT データ/オアシスソリューション / Septeni
メーカー
三菱重工業 / 三菱マテリアル / 新日鉄住金 / ルネサスエレクトロニクス / 日立製作所 / Merck / Gilead Sciences / Pfizer / Baxter / Eli Lilly and Company
官庁・国際機関
外務省 / WTO / 国連 / IMF / Clinton Health Access Initiative / International Student Conferences / United Way / Association of Former Members of Congress
その他
三菱商事 / 三井不動産 / 楽天 / アマゾン / リバンプ / ベイカーアンドマッケンジー法律事務所 / ジェトロ(日本貿易振興機構) / General Electric / Boston Red Sox / San Francisco Giants / VOA

公益財団法人グルー・バンクロフト基金基本情報

寄付のお願い

グルー・バンクロフト基金は、戦後60年以上にわたり120名以上の留学生の支援をしてきましたが、現在も毎年約10名をアメリカのundergraduateの大学に(留学期間4年間)送り出しております。しかし、今後一層留学生の数を増加させる為には、各方面からの多額な財政的な支援が必要となります。

他国のリーダー達に伍して、日本の若者たちが国際的なビジネスの分野で活躍できるように、優れた人材を育成するため、また弊基金設立の趣旨でもある日米両国民の友好関係の維持強化のために、今後とも微力を尽くしてまいる所存です。

何とぞ、上記の事情をご賢察賜り、よろしくご支援下さいますようお願い申し上げます。
尚、当基金は平成24年4月1日付で内閣府より公益財団法人の認定を受けましたので、寄付してくださる方は、所得税の減免の特典を受けられます。また米国にもGrew Bancroft Foundation USAが存在し、米国籍の方でも寄付に対して所得税控除の特典を受けられます。

募金に関するお問い合わせは事務局までご連絡ください。

お問合せ先
Tel・Fax:03-3408-6343(月~金 10:00~17:00/ 祝祭日除く)
Email:office@grew-bancroft.or.jp