NEWS

新代表理事 長尾眞文からのご挨拶

2021.06.30

1960年代の黒人市民権運動やベトナム戦争で米国社会が分断を経験した時期に、基金奨学生としてカールトン大学に留学しました。卒業後は東南アジアでの農村ボランティアの経験や大学院での専門教育を経て発展途上国支援の道に。現在は日本、米国と発展途上国(特にアフリカ)を結んでこれからの持続可能な世界の構築を担う次世代リーダーを育成する仕事に関わっています。
私が特に心がけたいことは、基金の数十年にわたる留学生派遣事業で培った多様な人材、米国派遣先大学とのパートナーシップ、基金支援者・関係者との絆を活かして、基金の次世代リーダー育成への貢献が社会により広く認知されるよう図ることです。それにより基金の存立基盤を確固とするとともに、中高生年代の若者のグローバルな夢を後押しする基金の使命をより鮮明にすることが可能となるはずです。

代表理事 長尾眞文