リベラルアーツ・カレッジについて

メールフォームでのお問合わせはこちら
TEL・FAX 03-3408-6343
月~金 10:00~17:00(祝祭日除く)

卒業生からのリベラルアーツ・カレッジのすすめ

当奨学金の卒業生ほぼ全員がリベラルアーツ・カレッジに進学・卒業してよかったといいます。 卒業生のリベラルアーツ・カレッジを薦める声を掲載します。 リストからタイトルをクリックしてレポートをご覧ください。

「時間かかってしまうけど」 飯塚 智根


留学先大学:Lake Forest College, (イリノイ州) 1995年卒業
専攻:Physics
大学院:Illinois Institute of Technology, M. Arch.
出身高校:東京都立日比谷高等学校
職業:建築家





留学体験
渡米以前は比較的、いつも目標を持って前進していけていた私だったのですが、留学生活は初めて方向に戸惑う道に迷ってしまったような経験から始まったように思います。自分の思いを思うように言い表せない苛立ちや出会ったことのない境遇に戸惑い自分を失いそうになったこともありました。
しかしこの途方にくれたり戸惑ったりした経験は、それを乗り越えてからの想像を超えた多くの機会+可能性に恵まれていたからで、今振り返ってみて、全て掛替えのない経験です。心に決めれば自分次第で何でも出来る、切開けていけるという自信をこの留学生活から得られました。
国境を越えて家族のように現在も付き合っていける友達にも恵まれ時間は掛ったけれど、少しずつ心から満足できる人生を切開けていけているように思います。


卒業後の仕事
NEWYORKで働ける機会を得て1年程CHICAGOから引越しした以外は、大学院最終学期からインターンとして雇って頂いた建築事務所で現在も働いています。
始めは保育園、大学の寮、学園計画など教育関係のプロジェクトが多々でしたが、行政関係の事務所、軍隊教育施設+寮など政府関係のプロジェクトを経て、現在はホテル+コンベンションセンターなどのHOSPITALITYプロジェクトを主に手掛けています。建築士の資格も取り、過去5年程、同じプロジェクトチームで楽しく和気藹々?よい経験を積み上げられてきていると思います。現在3つ目のホテル+コンベンションセンターが建設中です。


リベラルアーツについて
教授の生徒一人一人にかける思いやりと彼/彼女の人生を考えてくれる情熱、そして生徒一人一人の才能や興味に合わせそれを伸ばせるように教えてくれる忍耐と指導は素晴らしいと思います。
そしてもし、自分の人生の線路が見えなくなってしまったり、一体何を本当に追求したいのか解らなくなってしまった時に親身に耳を傾けてくれ、新たな可能性を見つけられる+みられるように相談にのってくれる教授が周りにいてくれます。大学自体、新たな目標を追いかけられるように助けてくれるリベラルアーツのシステムに、私は感謝の気持ちでいっぱいです。

(2007年記)

一覧へ戻る