リベラルアーツ・カレッジについて

メールフォームでのお問合わせはこちら
TEL・FAX 03-3408-6343
月~金 10:00~17:00(祝祭日除く)

リベラルアーツ・カレッジの一日、一週間

イメージ 2007年春に東京の渋谷幕張高校を卒業し、現在カリフォルニア州クレアモントにあるPomona College(ポモナ大学)に3年生として在籍する矢野奈々子さんに、リベラルアーツ・カレッジでの生活についてお話を聞きました。

まずPomona Collegeでの2年間を終えての感想を聞かせてください。

高校時代、ガリガリと勉強ばかりしていた自分と比べてみると、新しい視野が広がり人間としてずい分と成長できたのではないかと思います。 ポモナの学生たちは、勉強と遊びとのバランスをとても大切にしています。

カレッジでの一日、一週間はどのようなスケジュールで生活をしているのですか。

一週間のスケジュール平日は、朝は8時に起き、寝るのは夜の1時頃になります。授業に出ている時とクラブ活動をしている時以外は、ほとんど勉強しています。
4科目履修しており、各科目は、週平均2回位で1時間半弱の授業です。でも、授業以外の時間も、午前中は自分の部屋で、午後は友達とカフェや図書館などで勉強しています。
経済学などはグループワークが多いですね。チュートリアル(履修済みの生徒による補習や質疑応答のセッション)もあります。詳細は、図表を参照してください。

課外活動は何をしていますか?

現在は、3つの課外活動に関わっています。
“Claremont Consulting Group”での活動として、市内の会社の経営相談にのっています。私のグループは、近所にあるスパを担当しました。このスパは開店以来、赤字続きだったのですが、従業員や経営陣と面談を行ってその原因を探り、少しずつ改善策を実行してきたところ、ホリデーシーズンの商品券の売り上げと、顧客の満足度が一気に改善されました。
“Sagehen Capital Management”では、投資について学びながら、ポモナの卒業生からの寄付金数百万ドルを運用します。2008年秋の金融危機を目の当たりにして、その恐ろしさを身をもって体験しました。
“ISMP(International Student Mentoring Program)”では、新一年生の留学生をサポートすると共に、様々なイベントを企画し主催しています。9月の上旬には、ポモナの学荘があるHalonaに留学生40人を連れて、一泊二日のプチ・キャンプを行いました。

課外活動課外活動

随分ハードなスケジュールですが、どうやって遊ぶ時間を作るのですか?

ポモナの学生たちは、非常に勉強と遊びの両立が上手で、私はいつも感心しています。
彼らは毎日実によく勉強しますが、必ず遊びの時間は確保しています。プールで泳いだり、芝生の上で日光浴をしたりフリスビーで遊んだり、必ず外で遊びます。やはり、南カリフォルニアは素晴らしい気候に恵まれているからでしょう。
私は、どうしても机に向かって勉強する傾向があるので、友達から「もっと楽しまなければ!College is the best four years of your life!」とよく言われるので、頑張ってリラックスする時間を作るようにしています(笑)。

イメージ